楽天市場


2019年10月15日

ハザードマップ


先週末の台風19号
本当に、甚大な被害を
各地にもたらしましたね。

幸いにも、自宅付近は、
大きな問題もなく
やり過ごせたのですが、

親戚の中には、
一部床下浸水となる事態となり、
警報が出る中、土曜夜、
我が家に避難してきた程でした。

そんな台風19号の猛威を
お昼のTV「ひるおび」で
各地の被害状況をなどを踏まえて、
解説・分析しているのを見ました。

地元だけでなく、
東北、関東、甲信越の被災地の状況の
物凄さに、驚いたのですが、
その中でも、関心したのが、

予測災害情報として報紹介されてた、
ハザードマップ」でした。

TVの解説では、
1000年に一度」の
災害予測を踏まえて作成された?!
というのですが、

今回の被災地域とその状況を
照らし合わせてみたところ、
各地で、その予測範囲が、
ほぼほぼすっぽりと重なった?!
ということだったんです。

つまり、今回の
台風19号の被害状況から、

作成されていた
「ハザードマップ」は、
とても精巧なものになっていた
という事実。

1000年に一度、
起こりうる災害情報となれば、
誰しもが、実感しにくいのは
理解もできますが、

でも、多くの人が、
その存在すら知らず、また、
その詳細情報を軽視していたのが、
とても残念だったと
コメンテーターとした呼ばれていた
教授さんが、考察されていました。

行政側が、頑張って良いものを
作成していても、
多くの人に重要情報として、
伝わっていない現実に、
まだまだ大きな課題があると。

今回、大きな災害を
地元で、身近に体験したこともあり、
早速、自分の地域をチェックしてみました。

幸いにも、自宅付近は、
マップ上には、特に色付けが
なされてない地域だったので、
ひとまず、安堵。

そして、災害にあった、
親戚の地域も一緒に確認すると、

やはり、洪水予測の情報では、
ピンク色の地域になっていた。

そして、
被災した別地域の友人においても、
ハザードマップは、色で示していた・・。

実際の19号で被災したのですから、、
しっかりと当たっていたという事実に、
驚きと、やはり、これを先に見ていたら、
事前の行動、準備も違っていたのでは?
と思ってしまいました。

ちゃんとこういう災害予測の情報が、
今は、確率しているので、
今後は、しっかりと、
自分が関連する地区ぐらいは
予測情報をチェックしておくことは、
必須でしょう。

1000年に一度!ですから、
当然、頻繁には、発生しない?
というものかもしれませんが、
それでも、知っておいて、
損はないでしょう。


国土交通省 国土地理院が
発信している災害情報

重ねるハザードマップ
わがまちハザードマップ

は、コチラ ↓↓

https://disaportal.gsi.go.jp/index.html





posted by チョコ之助 at 23:56| お役立ち情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする