楽天市場


2019年10月18日

ご当地 ナンバー


ご当地ナンバー」の第2弾が
発表になったんですね?

これまでの41地域に加えて、

地方版図柄入りナンバープレート」が、

新たに17の地域のモノが加わったんだそうです。

この新しいナンバーは、
2020年5月を目処に交付となる模様。

ちなみに、17地域というのは、

「知床(北海道斜里郡など)」
「苫小牧(北海道苫小牧市)」
「弘前(青森県弘前市等)」
「白河(福島県白河市等)」
「松戸(千葉県松戸市)」
「市川(千葉県市川市)」
「船橋(千葉県船橋市)」
「市原(千葉県市原市)」
「江東(東京都江東区)」
「葛飾(東京都葛飾区)」
「板橋(東京都板橋区)」
「上越(新潟県糸魚川市等)」
「伊勢志摩(三重県伊勢市等)」
「四日市(三重県四日市市)」
「飛鳥(奈良県橿原市等)」
「出雲(島根県出雲市等)」
「高松(香川県高松市)」

江東区の東京ゲートブリッジ、
青森の弘前城、
市原市の里山トロッコが、
個人的には、今回いいなぁ〜って
思ったデザインかな。(^^)


なお、その地域で申し込む際には、
1000円以上の寄付金が
必要になるんです。

これ、いつも思うんですが、
好きな地域のプレートを、
選択できて、日本国内なら
どこの地区でもつけられると
イイんですけどね〜。




ソース:
https://kuruma-news.jp/photo/188552#photo1

posted by チョコ之助 at 23:55| 乗り物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする