楽天市場


2020年05月20日

10万円給付


国の支援施策として決定した

「 現金10万円給付 」

地元市町村での実際の支給は、
まだ先になるのだろうか?

すでに国が支給決定を下しているので、
正直、できるだけ早く、
支給の実行をして欲しい・・xx

でも、役所の実務上は、
どうも、そう簡単では無いんですね・・?!

対応が早い市町村では、
5月に入ったら早々にとか
GWが明けには、10日頃には・・
なんて話も出ていましたが、

実際には、多くの市町村では、
その手続きの途中で、
市民は、まだ現金を手にできていない。

国の支給の決定が報じられた、当初では、
TVのニュースで、即日支給を実行した
市町村などを紹介していたので、
自分の地区も近いうちには、
手筒き書が届き、支給になるのか?
と思ってましたが、

現実は、そう甘いものではなかった・・xx。

迅速な給付が可能になる
としていた「オンライン申請
どうも、それすらも危ういんだそうですね??

マイナンバーカードをすでに持ってる方なら、
内閣府が管理するサイト
「マイナポータル」を通じて
オンラインでも申請が可能としていたが、

実際に、申請受付を始めてみると、
手続きを進める行政の各現場では、
問題が出てしまっている模様。

実際に、オンラインでの申請は出来ても、
行政側での情報確認、
つまり、重複、二重払いなどを避けるための
「申請情報」と「登録個人情報」との確認に
苦慮しているという。

まず申請者側の申請情報の打ち込みに
「間違い」があること、
そして、申請が完了出来たか?が、
不安になり、何回も手続きを
繰り返してしまったりしている等の

「誤り」と「重複」を避けるための
確認に、大分時間がかかってしまう
デメリットが出ているとのこと。

つまり、こういったことを
1つ1つ確認した上での、
支給になるので、
場合によっては、
書面での申請よりも、
情報確認手続きで、
時間を要してしまい、
返って、オンラインの方が、
支給までに時間がかかってしまう・・
なんて状況もあるんだとか??

う〜ん、これでは、
オンラインでの手続きのメリットが
損なわてしまっている
という事態に陥っているようなんです。

なかなか、お金をみんなに
間違いなく届けるということは、
難しいんだなぁ〜と、
実感しました。

行政側の手続きにかかる現状も
理解できますが、

今、現金を本当に必要としている
家庭も多くあるでしょうから、

もっともっと迅速に、
支給を実施して欲しいものです。

一人、現金10万円の支給ですから、
誰でも、早く貰えたら、
大助かりですからね!(^_^)v










posted by チョコ之助 at 10:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする