楽天市場


2021年02月04日

瀬戸大也


夜のニュースで、レースを見ました。

東京オリンピックの舞台、
競泳競技が開催されるプールの
東京アクアティクスセンター
行われてる競泳、ジャパン・オープン

2021.2.4suiei_crawl_people.png

男子400メートル個人メドレー
決勝に出場した「 瀬戸大也 」選手

彼は、女性問題による
2カ月半の活動停止が明けての
復帰レースだったんですよね。

でも、さすがですね〜。
144日ぶりのレースというのに、
復帰初戦で
「 出直しV 」でしたから。

タイムは、4分12秒57

ぶっちぎりとまではいかなまでも、
最初のバタフライから先頭に立って、
ライバルの萩野公介選手を抑えて、
そのまま優勝でしたから。

競技後のインタビューでも、
最初に、しっかりと
謝罪のコメントをしてから、
あいさつをしていたし、
態度などからも、
彼の思いが伝わってきた感じがしました。

冒頭の謝罪コメントにも、
「恵まれた環境を勘違いしていた。
 情けない気持ち」 
という言葉が入ってましたしね。

でも、ホントに良かった。

日本のトップを維持しながら、
心も折れず、
今後も頑張ってくれそうで!!

応援するファンとしては、まずは、
「 復帰おめでとう! 」ですね。(^▽^)


あと、今日のレースをみて、
瀬戸選手に続く、
若手が育ってきてるかな?と思った。

最後、瀬戸選手に手が届きそうだった、
20歳の井狩裕貴選手、
タイムは、4分12秒91で、2位

そして、3位には、4分13秒79で、
18歳の田渕海斗選手が。
4位は、4分14秒37 で、
本多灯選手、彼は、19歳。
5位には、17歳の小方颯選手が入り、

あの瀬戸選手のライバル、
萩野公介選手の前に、
10代の若手選手が3人も入った。

まあ、今回、萩野選手は、
タイムが、4分16秒38 と振るわず、
6位に終わってしまいましたが・・。

若手選手も含め、
東京オリンピックに向けて、
大きく飛躍して欲しいものです。





posted by チョコ之助 at 23:58| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする