楽天市場


2020年12月09日

レヴォーグ


通算2代目モデルの「新型レヴォーグ」が

日本カー・オブ・ザ・イヤー(COTY)の
「 大賞 」に選ばれたんですね!

レヴォーグは、登場した時から、
イイな!と思ったクルマの1つ。

それだけに、最も優れた“今年の車”の評価に
納得!という感じしますね。(^^)

スバルのステーションワゴンと言えば、
やはり、「レガシィ」ですが、

最近のモデル5代目のレガシィは、
大型化して、悪くないけど、
使い勝手上は、以前と比べてどうか?
と疑問符が立つ感じしますよね・・。

さすが、大きなクルマが主流の
アメリカ市場では、ウケてるようですが。

そんなレガシィ、
確か4代目で、スバルが初めて
日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞したクルマ。

今回の新型の2代目レヴォーグが、
早くも大賞を受賞したことで、
日本市場では、「レガシ超え」したんでしょうか??

スバル自慢の「水平対向エンジン」に
アイサイトX」が加わり、レベルが上がってる。

例えば、「STIスポーツ」なら、
パワーなども十分に楽しめる車ですが

今後は、時代の流れに沿っての
「ハイブリット化」

電動化技術を駆使したパワーユニット
モーターを組み込んだ新世代のシステムが
加わるとより、魅力も増しそうですよね〜。

ラインナップは、6種類
「GT」「GT-H」「STIスポーツ」
「GT EX」「GT-H EX」「STIスポーツ EX」

ちなみに「EX」は、
アイサイトXなどを標準装備した、充実仕様モデル。

価格は、310.2万円〜409.2万円。

レヴォーグの新型、
今度また乗りに行ってみようかな。(^^)v


posted by チョコ之助 at 19:00| 乗り物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする