楽天市場


2020年02月28日

ホンダ レブル250


人気なのがわかりますよね〜。
きっと、気軽な街乗りにイイんです。(^^)

ホンダの単車、
ライトクルーザーモデルの
「 レブル250 」

登場したのは、2017年だけど、

2019年には、
最も売れたバイクの1台に。

アメリカンのクルーザータイプで、
コンパクトなボディに、
250ccの扱いやすいエンジンを搭載してる。

ここで狙うなら、やっぱり・・
3月19日(木)発売という、
「 S Edition 」

純正アクセサリーを標準で装備した、
スタンダードモデルとは、違った魅力の
「令和」仕様のクールなモデル!

S Editionの価格は、 \638,000(税込)
スタンダードモデル \599,500(税込)

ネットでみて、欲しい!!
即、魅了されちゃいましたネ。(^^)

これからの春のツーリングに
乗りたい1台です。



posted by チョコ之助 at 23:57| 乗り物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月18日

燃料電池車 カーシェアサービス


最近、注目されてますよね??

「 カーシェアサービス 」

特に今は、
若い世代でのクルマの持ち方って
考え方などが、代わってきているから??

例えば、都市部では、
クルマを持つだけで、
いろいろな付帯費用などが
必要になりますから、
考えちゃうんでしょうね?!

田舎に住んでるからなのかなぁ〜
それでも、やっぱり、
自分のクルマって、欲しい!って
今でも、自分は思ってます。

そう、定期的に
その時欲しいクルマに
乗り換えしたいなぁ?ってね!

今日、カーシェアもイイな!って
思ったのは、
まだ東京だけとのことだけど、

燃料電池車(FCV)のカーシェア
サービスを開始したと知ったから。

トヨタの「MIRAI(ミライ)」を
36台配備で、まずは、
都内4拠点でサービスを始め、
利用動向などを見極めながら、
展開していくんだそうです。

個人的ですが、
乗ってみたいんですよね?!
「燃料電池車のミライ」に。

カーシェアなら手軽で、
気軽に乗れそうだしネ。

この事業は、
オリックスと東京都による、
環境対応車の普及を目的とした
共同事業なのだとか。

ただネックなのは、
FCVの燃料となる
水素を供給できる地点は
都内では、まだ14カ所だけ・・。

そうなんです。
まだまだインフラ整備が
間に合っていない・・、
FCVは、これからの代物。

電気以上に、課題が残ってて、
先の話なのかな??

それだけに、やっぱり、
体験したいんですよね。(^o^)v


posted by チョコ之助 at 23:55| 乗り物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月18日

ご当地 ナンバー


ご当地ナンバー」の第2弾が
発表になったんですね?

これまでの41地域に加えて、

地方版図柄入りナンバープレート」が、

新たに17の地域のモノが加わったんだそうです。

この新しいナンバーは、
2020年5月を目処に交付となる模様。

ちなみに、17地域というのは、

「知床(北海道斜里郡など)」
「苫小牧(北海道苫小牧市)」
「弘前(青森県弘前市等)」
「白河(福島県白河市等)」
「松戸(千葉県松戸市)」
「市川(千葉県市川市)」
「船橋(千葉県船橋市)」
「市原(千葉県市原市)」
「江東(東京都江東区)」
「葛飾(東京都葛飾区)」
「板橋(東京都板橋区)」
「上越(新潟県糸魚川市等)」
「伊勢志摩(三重県伊勢市等)」
「四日市(三重県四日市市)」
「飛鳥(奈良県橿原市等)」
「出雲(島根県出雲市等)」
「高松(香川県高松市)」

江東区の東京ゲートブリッジ、
青森の弘前城、
市原市の里山トロッコが、
個人的には、今回いいなぁ〜って
思ったデザインかな。(^^)


なお、その地域で申し込む際には、
1000円以上の寄付金が
必要になるんです。

これ、いつも思うんですが、
好きな地域のプレートを、
選択できて、日本国内なら
どこの地区でもつけられると
イイんですけどね〜。




ソース:
https://kuruma-news.jp/photo/188552#photo1

posted by チョコ之助 at 23:55| 乗り物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする